寛容な社会をめざして

ナチュラルライフサポートダイアリー~社長の日記~

  • 人生の転機 2015.01.27

    人生の転機

    この方は統合失調症を患って20年になるそうです。患う前は企業に勤めた経験もあります。ハローワークに相談に行って、レインツリーを紹介されました。「この10年間、僕の時計は止まっていたんです」と言う彼の言葉が胸にこたえました。人生50年で、残りも少ないから、障がい者枠でコツコツなんてことは考えられない、と・・・ 今や人生50年と

    続きを読む
  • 相撲に見習え 2015.01.19

    相撲に見習え

    政府の今年度予算案が発表されましたが、高齢者の介護は2.27%の減額、障がい者のほうも減らされるのかと思いきや、何とか据え置きということになりましたね。当事者団体や家族会の方々の長年の努力の結果勝ち取った影響力のおかげでしょうか。それには本当に頭が下がる思いがします。しかし国の財政が異常事態にあることに変わりは

    続きを読む
  • 根の深い問題 2015.01.15

    根の深い問題

    昨年末の忘年会の挨拶で、「皆さん、新聞を読んでください。ニュースを見ましょう」とお伝えしました。自分の殻に閉じこもらず、外に目を向けてほしいという思いからです。自閉傾向のある利用者さんの中には、私たちから見ると実に些細なことで、怒りを爆発させてしまったりします。その怒りは赤の他人に向くことはありませんが、ごく身近な人や物に

    続きを読む
  • 成長 2015.01.09

    成長

    新しい年になり、志新たにされた方も多いのじゃないでしょうか。毎月初めに、利用者さん全員と面談をさせてもらっていますが、一年の初めということもあり、皆改まった様子で目標や抱負などを語ってくれました。そんな折、介護サービスに続き、障害福祉サービスも事業報酬の減額かというニュースが報じられています。国の財政状況を考えれば歳

    続きを読む

最新記事

  • 作業所の役割 2017.10.20

    作業所の役割

    さて、作業所の役割についてですが、私たちはこんな風に考えています。 1.安心していられる場所を提供する。 2.人や社会の役に立てる仕事を提供する。 3.生きる力を身に着ける機会を提供する。 別にこれができるのなら企業だっていいわけです。いや企業の方がいいでしょう。皆さん本当は就職したいのですから。 でもなかなか難しいのが現実です。

    続きを読む
  • 痕跡 2017.08.26

    痕跡

    少し前、レインツリーの利用者が一人亡くなりました。 その日は午後がスタッフミーティングで、利用者は半日の作業でした。 他の利用者に誘われて焼き肉を食べに出掛けたそうです。 そのあと様子が急変して、夜には救急搬送、翌日には亡くなったと聞いています。

    続きを読む
  • 他人の人生から学ぶ 2016.08.02

    他人の人生から学ぶ

    障がい者は社会を映す鏡だとよく言われます。障がい者の生活を見れば、その社会が分かるとも。相模原の施設で起きた類稀な殺傷事件は、世の中に大きな衝撃を与えています。私たちも地元の関係機関であり、施設とは役割は違えど多少の交流もありましたので、非常にショックを受けています。これからじわじわと色々な影響が出てくるのでは

    続きを読む