寛容な社会をめざして

パートナー事業所募集

やりがいのある
就労継続支援B型を待っている人が、
全国にたくさんいます。
あなたの街でも、レインツリーを。

障がい者のみなさんは、やりがいを感じながら
安心して働ける「就労継続支援B型事業所」が
世の中にもっと増えることを望んでいます。
「私たちのサービスを待っている人は、全国に数多くいらっしゃる。」
そんな確信に共感していただけるパートナーを募集します。
あなたの街にもレインツリーを。ぜひご検討ください。

レインツリーは、「通うと元気になるB型」です。
まず、障がい者の自立と健康をめざします。

私たちは、就労について、やわらかく考えています。
就労が唯一無二のゴールだとせず、まずは障がい者の自立と健康をめざします。
レインツリーの利用者の多くは、当社のガーデニングサービス「グラスホッパー」の
作業スタッフとして、定期的に収益のあがる仕事に就いています。
草木に囲まれた陽だまりのような環境の中で、やりがいを感じられる仕事を
継続するうちに、自立の心と健康な体を得ることができる。
そのことに、従来のサービスにはなかった価値があると確信しています。
仕事場に通うほど利用者が元気になれる。それが、レインツリーです。

RainTree 利用者の働く意欲が持続し、
事業が継続する理由が、
レインツリーには、7つあります。

よりよい社会を望む人からの共感

人は、みんなが公平に生きていける社会を望んでいます。
よりよい社会の実現につながる事業であれば、応援したいという気持ちがあります。
多くのお客様が、「どこかに頼むのなら社会貢献できる事業者がよい」と考え、
レインツリーにガーデニングサービスを依頼しているのです。
依頼の結果、真面目に作業に取り組む障がい者のスタッフの仕事ぶりに、
どなたも大変満足していただいております。

フランチャイズではなくパートナー

一般的なフランチャイズシステムと福祉サービスはなじまないと考えます。
レインツリーは、あくまでも事業理念に共感していただけるパートナーとしての契約となります。
開業後4年目からは、わずかな会費の支払いだけで事業を継続していただくことが可能で、経営負担を軽減できます。
日本全国にレインツリーを広げるためのパートナーとして、私たちの事業に参画してください。

未経験者でも安心

どんな事業でも、確立するためには最低限3年は必要です。
レインツリーでは、開業して3年間、本部からの手厚いサポートと
専門性の高いノウハウを持ったスタッフの強力なバックアップが受けられます。
ガーデニングや障がい者支援は未経験という方には、6ヶ月から1年間レインツリーで働きながら
独立開業を目指すインターンシップ制度もあります。

社会の要請がある事業

障がい福祉サービスの予算額は、義務的経費化により、
直近の10年間で2倍以上に増加しています。
この拡大傾向は、今後も続くと予測されていますが、
だからこそ本当に必要なサービスにのみお金が使われていくでしょう。

図 障害福祉サービス等の現状 - 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000036quq-att/2r98520000036qzg_1.pdf

始めやすい初期コスト

初期コストは、最少で6,000,000円。そのうち、研修費用を含む開業支援費は、1,800,000円。
開業に必要なコストを低く抑えることができます。
インターンシップ制度をご利用の場合は、この1,800,000円は免除されます。

安定性の高い事業

従来の就労継続支援事業には、働きがいが感じられないなどの理由から、
利用者が仕事を続けることが難しいという課題がありました。
レインツリーなら、仕事内容にやりがいがあり、工賃が高いため、多くの利用者を確保することが可能です。

グラスホッパー

グラスホッパーが選ばれる理由

■作業時間
1回あたりの作業が効率的で短時間で済むため、
お客様を長く拘束することがありません。
■費用
月1回1時間の短時間低料金。
また、月ごとの支払いが可能なため、一度に大きな出費になりません。
■予約制
毎月必ず定期的にお伺いするため、毎回のご予約は必要ありません。

給付費の給付

障がい者支援は国が注力している分野であり、事業者には訓練等給付費という事業報酬が支払われます。
そのため、初期投資等の回収リスクが低く、事業の採算性は高いと言えます。

「レインツリー」のパートナーとして開業したい方へ

レインツリーのパートナーとして事業所開設していただく際は、
次の5つの条件を守っていただくようお願いいたします。
事業所のための土地や建物をお持ちでない方は、
加盟のお手続きと並行して、物件選定を進めていただくことになります。


パートナー契約にあたって
  • レインツリーグループのパートナーとして活動していただきます。
  • レインツリー及びグラスホッパーのブランドを使用していただきます。
    ※「グラスホッパー」はレインツリーが提供するガーデニングサービスのブランドです。
  • 導入研修及びその後の運営サポートが継続して受けられます。
  • 運営はオペレーションマニュアルに従っていただきます。
  • 2号店目への導入は、新たにパートナー契約を締結していただきます。

本部にお支払いいただく費用
ランニングコスト(月額) 給付金の6%
システム使用量4,000円
その他パンフレット代等
※導入費用の詳細な内訳や損益試算についての資料をご用意していますので、ご請求ください。

開業までのステップ




お問い合わせ

まずは、お問い合わせをいただきます。
その後、必要に応じて、個別説明のアポイントを調整いたします。
[お問い合わせフォームはこちら]

個別説明

面談形式で、レインツリーという事業の仕組みや
将来性についてご説明させていただきます。

物件選定

候補物件をお持ちでない場合は、
加盟のお手続きと並行して物件選定を進めていただきます。
選定の基準などについては、本部の担当者へお問い合わせください。




加盟申込

加盟を前提とした具体的なお話を進めさせていただく前に、
加盟申込書をご提出いただきます。

加盟審査

本部にて審査書類をお預かりし、
加盟審査をさせていただきます。

開業場所決定

事業所の所在地が確定した後に、
正式契約となります。




契約締結

審査結果に問題がなく、開業場所が決定したところで、FC契約を締結いたします。
なお、契約日前日までに加盟金等をお支払いいただきます。

開業サポート

行政への指定申請、スタッフ採用など、
開業に向けた準備支援を行います。




開業前研修

所定の開業前研修を
受講・修了していただきます。

開業

よくあるご質問

どんな地域や場所でも事業は可能ですか?

事前に開業希望地の現状を調査し、事業が可能かどうかを検討させていただきます。
ある程度の人口があり、サービス利用が見込める地域であることは、欠かせない条件です。

人材の採用は難しくないですか?
また、人材の紹介や派遣をお願いすることはできますか?

過去の経験上、サービス管理責任者を含め、採用はそれほど難しくないと考えております。
本部からの人材の紹介や派遣は行っておりません。

どのような建物が必要ですか?

1階であること、作業スペースが20坪以上、トイレと休憩室があることが必須条件です。
2台以上の駐車スペースも必要です。

障がい者支援の経験がなくても本当に大丈夫ですか?

大丈夫です。利用者の皆さんは比較的軽度な障がいの方々ですから、高度な技能は必要ありません。
福祉サービスの中でも、最初に取り組むのにふさわしいと言えます。

特有のトラブルはありますか?また楽しみは?

利用者の皆さんは成人で、病気や障がいがある程度安定している方々ですので、トラブルの心配は不要です。
まじめでおもしろい方が多いですから、笑いの絶えない職場になります。

ガーデニング経験がなくても本当に大丈夫ですか?

大丈夫です。現状の直営スタッフが何事もなく作業できていることで実証できていると思います。
グラスホッパーのサービスは、従来の植木屋さんのスタイルとは一線を画するものです。
具体的な作業内容につきましては、ぜひお問い合わせください。

そもそも利用者は集まるの?

開業しようという地域に、どれだけ障がい者の方がいて、社会資源があるかが鍵になりますが、
ガーデニングを行う事業所は他にありません。やりがいのある魅力的な事務所は注目の的になります。

お問い合わせはこちらから